製造工程で重要な温度履歴

subpage1

工場などで大量に生産されるものは工程管理が重要です。

設計した通りの状態で製造されているかを確認する作業です。

製造中だけでなく、製造後も記録を保管しておく必要があります。


中でも高温による加工を行う工程では温度の管理が重要です。

保冷剤の優良サイトならこちらで見つかります。

例えば、食品の製造工程です。
炒めたり、油であげたり、湯煎をしたりなどの調理工程があります。

食材の中までしっかりと熱が伝わらないと雑菌の繁殖により食中毒などのリスクにつながります。


そのため使用されるお湯や油、調理器具の温度履歴が重要な記録になります。

温度履歴に下がった状態が記録されていれば、そのロットは確認が必要になります。安定した製造の実施状況を証明するためには温度履歴が必要です。

また、接着などの後からその完成度を確認することができないような工程では状況の管理が重要です。

ビジネスジャーナルの情報はかなり役に立ちます。

妥当性確認と呼ばれる方法で、適切に製造することができる条件を維持することで完成度を保証します。

温度を一定の時間高めることで接着剤を硬化させて固定させるような工程では温度履歴は欠かせません。


もし、規定した温度よりも低温だった場合にはしっかりと固定されていないおそれがあります。


温度履歴は、このように製造工程中の管理された温度に問題がなかったことを証明するための重要な記録です。

トレーサビリティーの確保として、遡って温度の状況を確認することができる記録です。



この記録によって、製品の品質を一定に保つことができます。

生活の話

subpage2

食べ物や飲み物を冷たく保つことができて便利な保冷箱ですが、きちんとした使い方をしないとせっかくの保冷能力が低下してしまいます。保冷箱とは冷蔵庫のように冷やすことを目的とする道具ではなく、冷たさを保つために使われます。...

next

耳より情報

subpage3

気候も暖かくなり始めるとお花見のシーズンやちょっとした旅行に出かけるのに良い季節になり、お弁当を持参する方も多いと思いますがそんな時に心配なのは食中毒です。食中毒の原因は細菌で10度前後から繁殖し、一番繁殖する温度としては37度前後と言われています。...

next

生活の秘密

subpage4

夏場での食べ物の傷みを防いだり、飲み物を冷たく保つために利用される保冷箱には、様々な種類が存在します。発泡スチロールを材質とするタイプは、ホームセンターでも販売されている安価なボックスです。...

next

専門知識

subpage5

保冷箱は、冷凍品や冷蔵品を運ぶのに便利です。外気温の暖かさが箱の中に伝わらないように、遮断する働きがあり、氷や保冷剤を保冷箱の中に敷き詰めておけば、長時間、箱の中の温度を冷たく保つことが可能です。...

next