保冷箱の種類と選び方

subpage01

夏場での食べ物の傷みを防いだり、飲み物を冷たく保つために利用される保冷箱には、様々な種類が存在します。

温度履歴情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

発泡スチロールを材質とするタイプは、ホームセンターでも販売されている安価なボックスです。

朝日新聞デジタルに関する情報を紹介するサイトです。

購入できる場所が多く、軽いという利点がありますが、そのまま野外で使用するには保冷力に欠けます。そのため、大きめのボックスを選び、多めの保冷剤と一緒に入れることで保冷力を高めることができます。
アルミ蒸着とポリエチレンを組み合わせた材質の保冷箱は、ボックスというよりクーラーバッグによく使われています。



折りたためるため、持ち運びの際にかさばらないので便利ですが、他の材質よりも保冷力は劣ります。発泡スチロールの保冷箱の中にクーラーバッグの入れるなど、他のボックスと合わせて用いると保冷力を向上させることが可能です。


発泡ウレタンは、発泡スチロールやアルミ蒸着とポリエチレンの組み合わせより保冷効果に優れています。

野外での使用にも向いていますし、耐久性が高く値段も真空断熱パネルより手頃なので、保冷箱を選ぶ際に迷った場合、発泡ウレタンを選ぶ事をおすすめします。

真空断熱パネルはもっとも保冷力が高い材質ですが、値段も見合った高さです。

食材や飲み物を持っていくだけでなく、釣りなどで現地の食材を持ち帰る場合や、アウトドアで連泊する予定がある時に便利に使用できます。
真空断熱パネルを材質とする保冷箱は、中に入れて使う保冷剤の消費スピードを抑え、長持ちさせることができるのも魅力です。